取り扱い技術

カチオン電着塗装

塗料の入ったプール(塗料槽)に製品を漬け、製品に電気を掛けることで塗料を付着させます。
複雑な形状のものでも、一回で塗ることが出来るのが特徴です。

機械設備

前処理

前処理はオーバーヘッド式ラインを使用
処理方法は「アルカリ脱脂→燐酸鉄被膜→純水洗浄→乾燥」をコンベアーにより一括処理します。
(写真は、これから前処理ラインに入る様子)

カチオン電着塗装

製品を電着塗料槽に漬け電気を流すと、電気泳動により塗料粒子が製品に吸着します。付きまわりが良く、複雑な構造や細かな穴まで均一な塗膜が出来る事が特徴です。大型塗料槽を使用するため色は黒のみですが、使用しているエポキシ系塗料は防錆性がよく、自動化ラインを持つため、ロットのあるブラケット、ステー等に最適です。

乾燥

電着塗装が終わると、そのまま焼付工程に流れていきます。160度・30分の焼付工程を経て塗膜が乾燥・硬化します。

【無料】資料ダウンロード

技術士であり、大学で講師も務める小柳が、カチオン電着塗装の原理や特長、
注意点、小柳塗工所の特長をまとめたPDF資料です。
すぐに無料でダウンロードしていただけます。

お客様情報